忍者ブログ
鉄道・バイクで旅をしたことが主な記事です。 いつかは、亜細亜(M党の政治屋が、大好きな特亜3国を除く)を回りたいです。 航空機だけは、なるべく使いたくありません。
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝飯を宿で頂いた。ちょっと塩辛かったが、美味しい味噌汁。

さあ、今日も頑張っぺ。

昼飯と飲料水をコンビニで購入して、ボランティアセンターへ。

沢山のボランティアの方々(高校生~)がいた。

あえて今日は、直接被災者の方々の顔が見える場所に行きたかった。
丁度、炊き出しの手伝いがあったので、其処を希望したらスンナリいけた。

結果、自分よりも手練れのボランティアさん達と同じチームになった。
年は自分の親父と同じぐらいだ…。

                                                        その方の自動車に同乗させてもらい、避難所になっている南相馬市立の某小学校へ。





和歌山県の方から来た方々のお手伝い。
隣県で、自分な好きな場所を抱えている隣県か…。でも、沿岸部の県北から県中に、嫌いな場所が多くあります。

まあ、他のボランティアさんと野菜を刻んだり、米を研いだり、卵を焼いたりするだけじゃ、自分の中では今回の行動に、合格点を出せない。

よっしゃ!チームの人だけではなく、和歌山県から来た方々にも話しかけよう。
(和歌山県の沿岸部は、自分のお気に入りの場所が、やたら多いのです。)
少し話をしたら、自分が、よく前の車(シビックフェリオ)で、釣りに行った場所じゃなイカ…。(烏賊が疑似餌を追いかけてきて、堤防の前で逃げられた…。)

バイクに乗るようになって、釣りの趣味を放置していた。
もはや、釣りに必要な感覚が無くなってしまったなぁ。

釣りよりも、海の恵みに対する料理方にしか興味がないのです。


作業中の写真を取られたが、別に何とも思わなかった。


書き方は正しくないかも知れないが、
わざわざ遠くから、「青春18きっぷ」を使って、重たい荷物を抱えて、避難されている避難場所まで、重たい荷物を抱えながら此の地に来て、和歌山県のモノを振る舞う行為は素晴らしいと思います。

ただ、両方に問題あり。かな…。


受ける側は、「調理具も持ってきて、当然!」
支援する側は、「小学校なので、調理器具有って当たり前!」

でも、インスタントじゃない暖かい食事を出すことが出来たので、自分はこれで満足です。
和歌山県から来た人たちと打ち解けて話が出来ましたよ。
只その方々が、帰られた後に和歌山県に台風12号で被害を受けていますがね。
一緒に炊き出しをした方々は、無事なのか心配です。


チームの人が現れないので、調理実習室に行くとチームの人は誰も居なかった。
使用済みの調理器具が、一部洗っていないままじゃないか…。

ただ女性が一人いた。
その女性は震災直後は約1ヶ月間、この避難場所にいて、この調理実習室で炊き出しのお手伝いをしていたらしい。
聞きにくかったが、震災の話を聞いてみた。
堰が切れんばかりに、沢山の話(近所の付き合い(亡くなった方があった家々)、(近隣亜細亜人のやった事(遺体の身につけている貴金属を鉈で切り取って強奪)を聞かせて頂いた。
本当に重い気分になった。
チームの皆さんは、被災した方々とお昼を食べていたそうだ。



此処の活動を終えたので、支援物資の置いてある体育館に寄ってから、別の小学校体育館に行った。

ここでは、大雨で被災した新潟県に送る支援物資をトラックに積み込む作業。
冗談も聞こえる作業でした。だって、自分のチームは、南相馬出身の方々だから…。

終了後、ボランティアセンターに戻る際、郷土料理や野馬追祭りを聞いてみたら、野馬追祭りの会場付近を通って頂きました。

こんな事されると、
”気張いやんせ! 南相馬市。 オイも応援したか~。”
 
ボランティアセンターで、チームの方々と解散。
本当にありがとうございました。


野馬追祭りの会場へ、バイクで行ってみた。

 
IMG_0012b.jpg
 
相馬野馬追祭り、お頼み申します。来年は、この街が何処まで復興しているか、見たく思います。

ということで、来年のバイク旅の「絶対に行くぞ!」目的地にしました。


スーパーで総菜を漁ってから、宿に帰着。

 
IMG_0032k.jpg

翌日は、どんな作業があるのだろうか…。
此の地に住む方々に、満足できるような作業がしたいと思った。

---------睡眠Zzz‥‥---------

 
ニュースを見るため、6時に起床。
台風が接近しているようだが、何とかなるだろう。

8時に宿を出発。
途中のコンビニで、飲料水とパンを購入してボランティアセンターに行った。

 
IMG_0001b.jpg













今日は、どんな人とチームを組むのか‥‥?不安でもあり、楽しみである。
(昨日、話をした被災者の言ったことを考慮して、流出物の洗浄を希望した。)

決定したので、ボランティアセンター近くの施設に行った。
説明を受けた後、何でも良いかと思って手に取ったのが、砂に塗れた卒業アルバム。

よし、やってやるぞと意気込んで作業に掛かったが‥‥‥。
自分の生活圏近くまで、修学旅行で来ていたのか‥‥‥。
是非にも、見れるレベルで、この卒業アルバムを復活させてやりたい。

(昨日、被災者の方と話をした内容は、「被災されている方々の思い出の詰まった物ある。簡単に瓦礫扱いしないで欲しい。」)

これは思ったより簡単に終わった。次の作業に掛かろうとしているとき、携帯電話が震える。
休憩までもう少し、その後に確認しよう。

写真の顔の部分を傷つけぬよう、心を配りながら作業に当たる。

休憩時間がやってきた。
メールを確認。なんと、太平洋フェリーからで、「台風接近のため、仙台~名古屋は休航します」という内容だった。リーダーには、すぐに伝えた。

ケセラセラで行こうか‥

色々考えながら作業をしていたが、郵便局のバイトをやった経験もありますので、生きた人(遺族)に、届けたく思い作業をしました。

どなたか(自衛隊員・近隣住民・地元住民かも?)が、見つけてくれた奇跡。
次に繋ぎたいと思いました。

リーダーに言われた通りに、やっていたら疑問も感じました。
景色の写真を撮りに行く自分としては、‥‥。

やっと昼飯時間。しかし、チームの人とお別れの時。
バイク乗りの集まりの時と違った、雰囲気で寂しく思いました。
宿に帰り、バイク陸送を頼もうと思って、電話をしたが、どの業者もダメ!といわれました。仕方がない…。乗って帰るか…。

翌日、どのような帰り方をするか知れんが、生きている双相地区を見て回ろうと思った。

道の駅 相馬

IMG_0010s.jpgIMG_0007b.jpgIMG_0009s.jpg

   

 
 





たらふく食べた。旨かった。

宿に戻る際、国道沿いにある豆腐の味噌漬けの店を見つけて少し考えたが、今回はパス。
来年は、此の地に再び来て、観光をしてから、観光をして土産にこれを買って帰ろう。それまで我慢…。

晩飯の弁当をスーパー買って、宿に戻った。

宿の従業員に、無茶なチェックアウト時間をお願いして、弁当を食って早々に寝た。

翌日の雨雲の予想はPCで見たので、後は翌日の判断だけ…。おやすみ…。

翌日は、…→http://imojin.satsumablog.com/Entry/38/

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[08/08  薩摩芋人を改め、旋風]
[08/07 kei]
[05/05  薩摩芋人を改め、旋風]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
旋風(ツムジカゼ)
性別:
男性
職業:
旅人兼運輸系会社員
趣味:
旅行
自己紹介:
今は国内旅行しかしませんが、海外旅行も行ってみたいと思います。
しかし、特亜には絶対に行きたくないですね。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
天気予報
HONDA
フリーエリア
にほんブログ村
日本ブログ村
忍者ブログ [PR]