忍者ブログ
鉄道・バイクで旅をしたことが主な記事です。 いつかは、亜細亜(M党の政治屋が、大好きな特亜3国を除く)を回りたいです。 航空機だけは、なるべく使いたくありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は晴天。
最近、自分の勤務中に異例時が多い。
鹿児島の先達場所に行ってないからかな?

とりあえず、鹿児島との繋がりの深い岐阜県の神社に行こう。

名阪国道と東名阪自動車道を走り継ぎ、後は一般道。



そして治水神社。
神社には「愛知鹿児島県人会」が数本立っていて、賑やかな雰囲気だった。
IMG_1087.JPG

何時も通りに参拝して御守りと御神籤を戴いてから去ろうと思ったら、宮司さんが居たので挨拶をし、少し話しをしてから去った。



次に向かう場所は、関ヶ原。
IMG_1081.JPG

島津軍が少数の兵で参戦し、その少数の兵で徳川家康本陣をかすめて、本多隊・井伊隊を「すてがまり」で撃退し、兵を減らしながら撤退した。

それ(死んでいった兵士達)にあやかりたいと思い、島津軍陣地跡のベンチで湯を沸かして、カップ麺と握り飯を食して、日頃飲まない珈琲を飲もうと思った。



しかし、工事中。


此処で湯を沸かして、昼飯を食べるつもりだったが残念。

412年前の薩摩武士達が前進退却で戦い、島津義弘公を薩摩に帰した場所だ。 かも殆どの薩摩武士が、国抜け(同然)で参陣して、約1500人居たのが約80人まで減らし、しかも豊後沖では黒田勢と戦い殿様を帰国させたのだ。どれだけ島津義弘公は、薩摩武士達と本当に心が通い合っていたのだろうなと思った。



次は烏頭坂

島津義弘の甥、「豊久」が奮戦し討たれた場所と聞く。
一族なのに「すてがまり」となってまで戦い抜いた。槍で七度突き上げられ戦死。
いろんな説があり、墓は上石津町の瑠璃光寺にもある。




次は牧田町の光琳寺

長寿院(阿多)盛淳が島津義弘の陣羽織を着て、影武者となって奮戦して戦死した場所付近。墓は、琳光寺にある。
奮戦の碑は、近くの建物の陰にある。といっても牧田川がよく見える場所にある。




殿様が去っていく姿を見て、部下と生き残りの帖佐衆と供に、追撃してくる徳川勢に突撃したんだろうなぁ。






カメラと一緒にデータ紛失したため、やる気無しです。(画像は過去写真から)


拍手[0回]

PR
9時に出発。所用を済ませてから西に向かう。

自分のバイク旅用新装備を試すためと朝食を摂る為、途中のコンビニでカップヌードルと水を購入。

多武峰を抜け、左側に大きな駐車できるスペースがあったので、湯を沸かす。
明日香村のコンビニで11時に待ち合わせていたので、カップヌードルも三分たつ前に食す。
20121021a.jpg
屋内と違い、自然というスパイスがよく効いている。旨い!
というか、カップヌードル食うのも1年ぶりだ。





石舞台を抜けて、飛鳥地域の雰囲気に気を遣った建物のコンビニで待ち合わせ。
到着すると、もう居た。

今回の旅の企画は、この人。
俺は付いていくだけで済むかなぁ・・・と思った。気がつけば道案内をしているのは、自分だった・・・。

125CCのスクーターだ。
ミラーを見ながら先を走ります。
20121021c.jpg

 
寄り道しながら、道の駅御杖に到着。とりあえず昼飯。
20121021e.jpg

自分の昼飯
ご飯+みそ汁+鹿肉コロッケ
20121021b.jpg



食後に温泉。温泉に入って、ノンビリと約1時間。
打たせ湯、泡風呂のおかげで、体の疲れが一気に取れた。

 
餅つき等のイベントも充実。でもたまたま来た、この期間だけ。
でも、良い場所なんだよ。自分にとっては。



友人を「道の駅大宇陀」まで送った後、自分も好きに走った。

何時も寄る滝の前で、小休止。

 
20121021f.jpg


給油して帰宅。
今日は、約180kmを走った。

後で聞いた友人の感想が、身に染みた。
「ありがとう。今日は、一緒に走れて楽しかった。」
自分は、鬱状態でバイクの免許を取った。ただバイクに乗って旅をするというよりも、「バイクの方が死ねるかなぁ。」と思ってバイクに乗りました。しかし、自動車とは違って自然の匂いとかも楽しめるし、バイクは楽しいじゃないか!と思ったので、9年間バイクに乗りながら生きながらえています。

 

拍手[0回]

和歌山県太地町や串本町に行こうと思っていたが、2時間半ほど寝坊した。

朝6時30分に出発。これでは南紀州は無理なので、高野龍神スカイラインを走るルートで考えた。

夏ジャケでは寒い。一応、防寒の為にベストを着込んでいたが、やっぱり寒い。

 

朝の通勤ラッシュになるべく混ざりたくなかったので、国道よりも県道を重視した道を選ぶ。

国道24号線は奈良県五條市付近から入った。
五條ICから高野口ICまで京奈和自動車道を走って、時間短縮をするつもりだった。
でも、 余りの寒さに走らなかった。結局、五條から道の駅紀ノ川万葉の里まで渋滞に巻き込まれた。

道の駅紀ノ川万葉の里に到着。

20120927a.jpg

レストランがまだ開いていない。
隣のジョイ○ルで朝食を摂ろうと思ったが、自分のバイク旅のスタイルじゃないので止めた。次のバイク旅の朝食は家から、「握り飯」をつくって持って行こうか。

 

 

国道424号線から有田川に進入。




国道42号線を少し走り、湯浅の街から海沿いの県道を走る。
ミカン畑(?)の傍を走り抜ける狭い道に進入。

なかなか良さげな展望所があったので、バイクを停めて写真を撮ってみたりした。

狸が足下で寝てる。道端でも寝てる。
狸って、夜行性じゃなかったか?

20120927b.jpg    20120927b2.jpg

道の駅白崎海岸は中に入ったが、特に用事がないのでバイクを降りずに通った。

タフな頃は、バイクで朝日は東紀州で撮って、夕方に此処に来て夕日の写真を撮ったが、今は絶対に無理。あの時は日帰り600km前後を走っていた。たった数年前のことなのだが・・・。30代後半って、若い頃と老いる境かもなぁ・・・。
昔(2年前まで)は、夜間走行は何事もなく出来たのに・・・。右目の感覚が、変になってきてからなるべく夜間走行を避けるようにした。

20120927c.jpg

施設外で、写真を撮った。近くに湧き水がありました。
 

 


次の目的地は、由良港。
大きなドックがあって、貨物船やフェリーの点検や修理を行う場所。
でも、その湾では、太平洋戦争末期に海防艦が奮戦し沈没した場所だ。
此処に来ると眼が熱くなる。

20120927d.jpg

「さんふらわあ あいぼり」がドック入りしていた。
かつて、お世話になったフェリーです。


印南のカエル橋。

20120927e.jpg

親父が在職中の頃、その会社で関わった仕事らしい。
でも、親父は関わってないらしいが・・・。


次は苦手なトンネルの多い高速道路を走る。
みなべ町までのショートカットだから仕方がない。

みなべ町の道の駅に到着。今から向かう方向の景色は素晴らしい。
20120927f.jpg   20120927f2.jpg
家族と職場の良い人向けの土産を買う。
過去に「お前、土産買うセンス無いのう。一口囓って、捨てたやったぞ!」って、宣戦布告を受ければ職場向けの土産も買う必要なし。
しかもあの時は、親父が佐世保生まれて微かな記憶が残っている百貨店で買いました。それを否定するなら、自分の存在も全部否定されているのかと感じました。





紀州備長炭振興館の看板を発見。
20120927g.jpg
初めてバイクで此処に来たときは、新聞の記事で此処に来たのですが、まだあったとは・・・。
そこにも寄った。
20120927h.jpg    20120927i.jpg
懐かしい電話機にも会うことが出来た。備長炭を300グラムほど買って、高野山に向かった。

途中、道の駅龍神で昼食。



















続く

拍手[0回]

平日の休みだ。
空模様は怪しいが、とりあえず出る。

とりあえず曼珠沙華の写真を撮りに行った。
256e508e.jpg
昨年ボランティアで行った南相馬市や通った町外れの田んぼにも、この花は咲いているのだろうなぁ。
もしかして此岸にいる家族を心配して、彼岸に行った方々が咲かしているのかも知れないな。





次は青山高原。東方の空を眺めてから行くか退くかを決めるつもり。
59da259e.jpeg
夏ジャケでは、肌寒い。でもバイクって、冷えている方がよく走る気がする。


 
伊勢方面は天気が良さそうだ。前車の急制動を避けて、ひたすら自分の走りたい道を走り続けた。

久居市街地を通過しバイパスで松阪を抜けて、目的地の返馬餅屋に行った。
今日は定休日でした。ム、ムナシイナ・・・。

次の目的地は、赤福の店。
何故か、腹がゴロゴロ鳴ったので諦めた。

じゃあ、次の目的地だ。
職場の後輩に教えて貰った、ドライカレーの店に行った。

 
cfcccd66.jpeg    1ccc621f.jpeg

 
今まで、この付近をバイクで通過して、過去職場同僚の墓参りだけ行ってたのか・・・。
店内入ったら、何となく懐かしい感じの飯屋さんだった。
もしかして、今は鬼籍の先輩同僚も来たのかもなぁ・・・。
あの器に入ったカレーも、何か懐かしい雰囲気じゃないか!
皆さん地元の常連風だが、お客さん達と喋っている店主も素晴らしい。
料理だけではなく、ちゃんと話しのネタまで揃えてやがる。

今日は、満足したバイク旅だった。




約210kmをお疲れさん、XR400モタード(芋人改)

IMG_0016s.jpg
今は、おやすみ。次は南紀州バイク旅、早朝に起こすからな!
次は、ケマル・アタテュルクの像を見に行くぞ!
 

拍手[0回]


2012総合火力演習の見学を申し込んでいたがハズレた。
折角休みを取ってあったので、バイク旅行で初めて行った遠い場所へ行ってみよう。
南信州の飯田に行くことにした。
昔やってた、あるバイクブログで集まった場所。長野県飯田市にある「松川ダム」がとりあえずの目的地。

朝4時に出発。
治水神社に6時前に到着。
c0e5d717.jpeg
いつも通りに参拝。バイク旅で岐阜県南部を通り東へ向かうときは、必ず寄ります。

岐阜羽島ICから中津川ICまで走った。
高速道路って、面白くない。速くて、要らないと思わせる場所を通過するだけ。PAやSAに便所があるだけ安心な道路だと思っている。

中山道の宿場を通って、大平街道を走る。
IMG_0012s.jpg
SL230で初めて走った時は、只の舗装林道。しかし途中で、熊に遭遇。シフトダウンで五月蠅いエンジン音と脳内で鳴っていた「突撃ラッパ」で熊に対して突撃!「行け-!」と大声を発したが、死も覚悟した。逃げてくれたから良かったが、その時逃げてくれなきゃ、自分は鬼籍の人だ。ある神社に参拝して良かったと思った。あの過去も今も神社に参拝してから旅行をする考えは全く変わらない。

懐かしい場所。松川ダムに到着。
あの管理所で飼われていた犬は、死んでしまったのか?犬の鎖は錆だらけで吊ってありました。
あの犬にも会いたいと思ったが残念だ。
52cee40a.jpeg


飯田市街地に下りた。しかし、チェックインには早過ぎる。
諏訪まで足を延ばす。中央道を走り、駒ヶ岳SA経由で行く。
SAのレストランで、飯田産豚肉を使った「ソースカツ丼」を朝飯にいただく。
IMG_0035s.jpg
フードコートとは違う、美味しい飯田産豚肉を食べることが出来て良かった。残念なのは、汁物が味噌汁じゃなかったことだけ。


諏訪に向かう途中、「落下物 急行中」の緊急車両がサイレン鳴らして走っている。自分は減速して警戒しながら走る。しかし、その横をガンガン飛ばす余所のバイク集団。自分には理解が出来ない。落下物に集団でぶつかりたいのか?

諏訪SAに寄った。
46e12b93.jpeg
トイレと水分補給の為に寄ったが、友人が喜びそうな土産があったのでそれを購入して、諏訪インターで降りる。暑かったので、ビーナスラインを走ろうと思ったが、そちらに向かう道は大渋滞。
杖突峠に向かった。飯田市で見たい場所もあったし時間も取れるから、距離が近くなるほどありがたい。

高遠城跡に寄ってから、高遠駅に寄る。
此処はバスのターミナルだが、昔は鉄道が走っていたのだろう。
でなければ駅と名乗らないでしょう。

その後、天竜川沿いの国道に出て、その道を南へ向かう。
伊那でローメンを食べようか、遠山郷でジンギスカンを食べようか迷った。
時間を考えるとローメンかなぁ。でも、幟の出ている店が店がない。ソースカツ丼の幟はあったが・・・。バックミラーで”ローメン”幟を確認も戻るの嫌な性格な自分。

じゃあ、蕎麦を食べよう。でも飯も欲しい。じゃあ、下條に行こうかな。

「道の駅 下條」
IMG_0043s.jpg
思い出すと、あの地も昔やっていたブログのブロガーズミーティングでお世話になり、そこを通らないと自分は恩知らずじゃないのか?と思ったので寄った。
宿で、確認したら、この日に此の地で集まるようだった。
あれ?!前ブログのブロガーさんたちが居た。今年も集結していたんだ。

昨年の震災で、集結の考え方の違い(自分は7月現地にお手伝いに行って、関東人に悪口言われて帰ってきた南相馬出身の人の言葉が染みた。)所詮バイク乗りって、自分が走って楽しめたら良いだけじゃないの?前ブログの集結の日は休みを取ってあったが、目的地と行程変更して、現地のお手伝いに行った。一応前ブログには書いた。やはりそうなのか!本当の被災地には全く興味がなさそうなので・・・完全に止めた。



レストランに入った。昼飯を食べる。
IMG_0045s.jpg
とにかく米の飯と味噌汁が食べたい。しかし、蕎麦も食べたい。
牛丼定食にしたが旨かった。農家や料理した人々に感謝します。

お腹いっぱいになったので、土産物を物色。
店の店員さんに無理を頼んで、土産と一緒に防寒装備を送付して貰った。

三遠信自動車道と中央道を走り、飯田インターで降りて行きたい施設やGSに寄ってから宿にチェックイン。
相棒(バイク)は、明日の朝まで休憩。
IMG_0047s.jpg

ヲヤスミ、バイク。後は徒歩で散策するから。
しかし、明日はかつてお前の横にいたSL230で走った道を酷使しながら走るから、ヨロシク!

今回は、飯田市川本喜八郎人形美術館が目的地だったので、ゆっくり市街地を散歩。
飯田市では、人形劇では江戸時代から続く伝統ですから、雪に閉ざされた時季は、昔の旅人達や住民達も楽しんだことでしょう。東と西の文化の融合もあったんじゃないかな。大坂と江戸の中間地点だからね。両方の文化を取り入れるには、本当に此処は「いいだ」。

祭りの準備も進んでいる。
97e9147d.jpeg
綺麗な白い龍だなぁ・・・。紙で作っているのかな。しばし見とれた。でも横の人形は邪魔だが、お子様を寄せる為には仕方ないのかな。

旅慣れた自分でも、此処の道は敵わんと思った。
さっきバイクで走ってきた場所の筈なのに迷う。自分でも、信じられない気分だ。
太陽の方向を見定めて、歩くと解りましたが。




川本喜八郎人形美術館に到着。
IMG_0054s.jpg   bc8d745d.jpeg
諸葛孔明さんが正面で待っています。
なんか「よく来られましたな・・・。」って、語られてる気分になりました。

入館し、NHK人形三国志の人形を見る。少し角度ずつを変えて見るとその表情が変っていく。
しかもそれぞれが、表面と腹黒が良く分かる。
かつての人形三国志の撮影した人達も苦労したんだろうなぁ。
だってあの人形達は別アングルで撮ったら、シーンごとのストーリーは、絶対に成り立たないからね・・・。(どれだけ声優さんや本人さんが頑張っても。)
まさに職人技!角度が少し変わるだけでも、印象が違う。玄関の人形もそうかも。
「関羽」+「赤兎」もあったが、画面の中で暴れ回っていた印象の深い騎乗の「張飛」が見ることが出来て良かった。

あとは、リンゴ並木や飯田駅と御神輿を見て晩飯等を買って、宿にもどる。
IMG_0058s.jpg  IMG_0059s.jpg  11c818ca.jpeg
前に泊まった宿だったので、ある程度はコンビニの場所も解っているつもりでした。
スーパーで買った弁当を食べながら、PCでブログを書こうと思った。
味噌汁の準備は完了。かなりの轟音がする。何事か?カメラを持って部屋を出て、フロントに尋ねた。
「今日は祭りで、花火も上がっています。」って、返事でした。

ほう、良い日に泊まることが出来たじゃないか。
コンデジで花火を撮りまくる。やはり三脚が欲しい。
IMG_0104s.jpg

てか、前バイクブログではこのあたりの日に集まって、走り去るバイク団体だったのか。しかも自分も、その一員だったな。
今思うと少し残念だった気分を味わったが、飯田市という場所を知ったおかげで、少しでも飯田市に触れて別のモノを楽しめた。
かつてのブロガーミーティング企画者達が企画し、飯田市に集まったことに感謝。


今日の写真を確認してから、ゆっくり寝た。

 

---------ZZZ---------


朝はしっかりと頂いた。

食べきれるのか?と思うぐらい取った。


今日は日曜日。
朝からTVで良い旅番組をやっている。
出発時間が30分ほど遅くなった。


今日は、昔やっていたブログの人と走った道を単独で走り浜松に向かう。その後、伊良湖からフェリーに乗って帰る。只それだけ。


かつて走っていた道を走る。
旧飯田線の橋梁を見ることが出来た。写真を撮ろうと思ったが、しかし「この場所でブッポウソウを撮影しないで下さい。」の立て札を見た。その場所での撮影を止めた。
「仏法僧の幽霊でも写るのか?」
それとも「仏法僧を撮ると成仏できない霊が写るのか?」
何か気持ち悪いので、別の場所で飯田線の遺構を取った。

 

IMG_0011s.jpg

あとで調べたら、鳥の種類だった。恥ずかしいが、少し涼しい気分になれたのでヨシとしようか・・・。

 

バイクを停めて車上から撮った、この鳥も気になった。
 

1a7750d6.jpeg

何という種の鳥か?自分はキジかなぁ?と思っているのですが。



気になる対岸の集落を眺め、照明の無いトンネルの幾つかを抜けて、やっと佐久間ダムに到着。
 

1ddb3c78.jpeg

オフ車乗りの方達とバイクの話しをする。


トンネルを歩き展望所の通路を入り少し歩くと、
「此処の関係者の人ですか?」と声を掛けられた。
「只の旅人ですが・・・。」と返答した。
縁もない、この場所でされた勘違いは、正直びっくりした!

「鹿児島じゃ、あって当たり前かな」と思っていたが、・・・。何故、此処で・・・。
まあいいや。
何処にいても、地の人間に溶け込めるよう頑張ってみようか。俺って、山潜り衆か?

まあ、佐久間レールパーク跡を見てから、浜松に「零式艦上戦闘機」を見に行った。

途中、本田宗一郎氏の生誕の地「天竜・二俣」付近を通った 。
自分は、HONDAが好きなので、何時かは通ってみたい場所だった。

絶対に自家用乗り物は「HONDA」!これは、親父の代から絶対に変えないし、変えたくない。
爺さんの二輪車も「HONDA」だったらしい。
あれの後部に乗って、ガタガタ道を走って泳ぎに連れて行って貰った記憶がある。
「歯を結んどけ!」って、言われたような気がする。

今思うと、「格好いい爺さん」だよ。
晩年はボケが少し入っていて童謡や民謡を歌っていたが、自分が釣りに出かけるときは正気に戻ったのか?「気を付けて行け!」なんて言ってた。

日本の都は明治時代から東京。しかし、大東亜戦争後の発動機系物造りの都は浜松じゃないか?と思った。人々をそれを使って便利に・・・。


浜松エアパークに到着。

 

47124afe.jpeg   IMG_0022s.jpg

零戦の写真だけ撮って、別館内の売店で土産を買う。
あえて個人向け。絶対に職場には持って行きたくない。

まあ、数年前の転勤後に自分がおかしくなったときに、気を配ってくれた先輩と家族への土産だけ。

 

拍手[0回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[08/08  薩摩芋人を改め、旋風]
[08/07 kei]
[05/05  薩摩芋人を改め、旋風]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
旋風(ツムジカゼ)
性別:
男性
職業:
旅人兼運輸系会社員
趣味:
旅行
自己紹介:
今は国内旅行しかしませんが、海外旅行も行ってみたいと思います。
しかし、特亜には絶対に行きたくないですね。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
天気予報
HONDA
フリーエリア
にほんブログ村
日本ブログ村
忍者ブログ [PR]