忍者ブログ
鉄道・バイクで旅をしたことが主な記事です。 いつかは、亜細亜(M党の政治屋が、大好きな特亜3国を除く)を回りたいです。 航空機だけは、なるべく使いたくありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月:列車(関東地方)
 四国に初めて上陸。船上のビールは最高でした。
寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って、関東地方に行きました。
 高松の饂飩、葛飾の団子が美味かった。



4月:飛行機&列車+レンタカー(鹿児島)
親父を連れて鹿児島へ。
飛行機が辛い。揺れっぱなしの1時間で宮崎空港。
宮崎駅からは、旧国鉄日豊本線で親父の思い出旅行。
鹿児島中央駅に着いたら宿に向かう。直ぐにチェックイン。

親父は宿で休ませて、鹿児島の市街地を散策。

宿に帰着後、親父を連れて天文館へ。黒豚しゃぶしゃぶと鹿児島ラーメンを堪能してもらった。
 
レンタカーで親父との思い出の道を走り、そうめん流しも楽しんだ。
その後、知覧の旅館にチェックイン。
 
翌日は、知覧育ちの親父に滑走路跡から開聞岳を見せた。
 
 
 
5月:バイク(岐阜)
近隣で鹿児島人が活躍した場所を訪ねる。
京都-関ヶ原-治水神社
 治水神社の祭礼を見ていたら、宿飯抜きになってしまった。



 
 
7月:バイク&フェリー+列車(北海道)
せっかくの北海道旅行を堪能しようと思っていたが、大雨で上陸地点からバイクは動けず。
後日、南富良野の宿からキャンセル料の請求が来た。それは払った。
しかし、あの宿の考え方が解らない。昨年は御世話になったが、もう自分は行かない。

同日にキャンセルした襟裳岬の宿は、キャンセル料の請求が来てない。
キャンセル料払ったあの宿とは違ってありがたい気分になったが、本当に良いのだろうかと思う。
 

 
 
  
 8月:列車&レンタカー
両親に感謝し、両親が行きたい場所に旅行。
能登半島は、小学生の頃から興味ありました。某サスペンス番組を見てからは、好きな場所でした。でも、あれから弐拾数年ですから・・・。

でも京都から乗る列車に、京都構内から追い出された駅弁屋の商品を買って乗せる事が出来て、良い気分です。



10月:フェリー&バイク
四国にバイクで初上陸。フェリーも初めて乗るフェリー会社。
船内ご飯は美味かった。
夜の本四連絡橋(A橋)の眺めも良い。しかし自分は、好きになれない橋だ。

一応、四国全県回りました。四国で好きな県は、徳島県です。
行くまでは黒潮繋がりの高知県かなぁ。と思っていたのですがね。
徳島は楽しい。香川も気になる。愛媛は柑橘系の果樹。高知は鰹か?
楽しめるかなって、行ったら楽しめました。


 
10月:バイク
北陸バイク旅。数年前のバイク旅ルートの逆行+泊まりで行きました。
24時間(仮眠時間は表記上数時間)勤務明けで出発。
勤務明けだから眠い。
風の悪戯の御蔭で辛い気分になりましたが、無事走り抜きました。



 
 
 
 
月:フェリー&バイク
途中、葛城山系の烈風に煽られながら、大阪南港に到着。

「さんふらわあ きりしま」に乗船。無事乗船させて頂けたのは、宝暦治水の平田ドンや作業に当たった鹿児島のボッケモン達のお陰です。岐阜の治水神社が好きな自分は、そう思っています。あと、御守りの「八咫烏」。

SL230に乗っていた頃に走ったルートを、XR400モタードにも走らせる。
佐多岬の宿を通過し、佐多岬展望台跡まで徒歩。良い空気だ。吸えてありがたい。
空気の良い場所に行って、タバコ吸いたくならないのは、自分だけかなぁ?

佐多岬の宿に泊まり、翌日はフェリーで薩摩半島へ。
垂水-鴨池フェリーは、何時もと同じだね。
壁にミラーごとバイクを壁に押しつけるような留め方。
 今まで、下船後工具で戻ったが、壊れたらレシート持って文句言いに言って良いのかな?













今年の旅の感想
行けなくて、心の残りな場所もありましたが、豪雨で行けなかったが、とある宿からはキャンセル料まで請求されました。払いましたよ。払ったんだから、領収書くれよ。来ないぞ!(あの宿、あの豪雨でも来いと言うのが怖いな。)
だって、結果がそうですから。JR北海道線内で、大雨・車両炎上・脱線が、あるのになぁ。

でも、本当に行きたかった宿からは、キャンセル料の請求が無かったです。
それは、襟裳岬付近のとある宿。
2年前に泊まった時は、飯時間も楽しかった。自分一人でしか行ってないのに…。




   

   
    
    

拍手[0回]

PR
勤務終了し、バイクに荷物を積み込んで出掛けたのが12時頃。

八日市IC~木之元IC間は高速道路。木之元IC~今庄ICは国道365号線。今庄IC~安宅スマートICは高速道路。

石川県立航空プラザに寄った。
 
 F-15戦闘機が撮れた。土産物も一つ確保。
 
 
 

宿にチェックイン。部屋は禁煙室。バイクは玄関前でした。
すぐ傍のラーメン屋に行って夜飯を食べる。
 
 -----------10月18日-----------
チェックアウトは8:30。
安宅の関に寄ってから、小松ICから高速道路。横風がきつい。
ナビの画面がおかしくなっていたので、SAで半時間停車。
福光ICで高速道路を下りて、国道304、156を走る。 
相倉合掌集落

白川郷

 東海北陸自動車道・荘川インターより高速道路。ETCレーンが点検中。
関インターで下りて一般道。

各務原に寄ろうと思ったが、雲行きと時間の関係で寄れなかった。

木曽三川沿いの鹿児島に関係のある神社に立ち寄り、賽銭を戸の隙間から賽銭箱に放り込んだ。
一投入魂…って入ったよ。音で判る。
何度も此処に来ているが、何故か嬉しかった。
此処の神様が無事に帰れるように、取りはからってくれたのかもね。
東名阪道で雨に降られて亀山インターから下りようと思った。
しかし、前を走っていたトラックが鹿児島ナンバーだったから追走する。そして名阪国道では雨が止む。不思議な気分だが、無事に帰って来れた。
でも、帰宅直前で雨が降った。

今回の走行距離
 
一泊二日で667kmしか走っていないのか。(昔は日帰り720km走ったのだが・・・。)
今回の土産物

無事に帰って来れたことに感謝。神社の祭神さまに感謝。御世話になった人に感謝。




結局、自分の個人旅行って何なのかな?

拍手[0回]

本当は、福島県に行きたかったが、天気図を見て断念した。
これじゃ一番自分の苦手な薄暗い雨の中の走行から、この旅は始まるのか…。止めておこう!




バイクで走った事のない、山陰・山陽・四国を考えた。
天気図を見ても、何となく四国が良いかなぁと思った。



 
 
今年の3月は寝台列車に乗る為に初めて四国に上陸した。物足りないと思った。
約10年前からバイクで行く事を考えたが機会が無く、今回やっとバイクで上陸する。
 しかし、この10年間で本州~淡路島・四国航路が激減していたのは残念だ。

-----------10月1日-----------

大阪南港22:00発東予ゆきの四国オレンジフェリーに乗船。
夕方の混雑を避ける為、早めに出発。予想通り早く到着したが、乗船か20:00から。

バイクを留めて、公共交通機関等を使って散策。
20:00前に港に戻り、乗船準備をする。すぐに乗船案内された。
出港まで、約2時間ある。一っ風呂浴びて、船内レストランへ行く。
芋焼酎ロックとアジフライ定食を頼んだ。これで1500円。肉厚のアジフライは旨かった。
仕事の疲れがどっと出たのか、すぐに寝てしまった。

 


-----------10月2日-----------

起きたらすぐに下船準備。06:00に到着するフェリーは朝が忙しい。下船後、フェリーがよく見える場所で写真を撮ってみる。

東予-今治-松山は一般道を走る。松山ICから松山自動車道を南下。三間ICで下りる。

「道の駅 みま」でみかんジュースを飲んだ。程良い酸味と甘みで美味かった。

四万十川が見たいので、川沿いの道を走る。
映像でよく見る潜水橋を見た。彼の水面からの高さ、自分はバイクで渡る気がしない。

四万十川沿いの道はノンビリした雰囲気で良い。何か眠くなってきそうだった。
「道の駅 四万十大正」で小休止。
傍の轟公園に石の風車があるので見に行った。回っている…。何故、石が回るのだろう…。

四万十川に別れを告げ、四万十中央ICから須崎西ICまで高知自動車を走る。

「道の駅 かわうその里すさき」に寄った。時間は12:00過ぎ。
館内は土産物が沢山あるが、鰹の藁焼き(たたき)の作業を実演し販売する店もある。
昼飯は此処にしようかと思ったら観光バスの到着。賑やかな団体だなぁ。止めとこ。

海沿いの道を走りたくなったので県道を走り、海沿いの道を走った。走りながら”WELCOME TO USA”の看板には笑わせてもらった。



桂浜に到着。坂本龍馬の像が見たかった。靴履いて懐にピストルの姿らしい。









   此処に来て京都の寺田屋に行ったときの事を思い出す。あの時のやりとり、今でも腹が立つ。今年5月に通ったら、立て札まで立てている。バイク乗りは来るな!って事か。もう二度と寺田屋に行かない。調べると、あの事件はその場所ではなかったようですし・・・。

浦戸大橋も下から見た。昔のTVサスペンスで、この橋をくぐって高知港に向かう「さんふらわあ8(とさ)」を見た記憶がある。

土産物を物色。萌え系が好きな友人や同僚の土産を探したが無かった。
この場を離脱。浦戸大橋を渡り、昼飯を食べられる店を探す。
高知インター付近で寄った、天下一品ラーメンが昼飯になった。
天下一品って、店舗によって味が違って面白いから楽しいです。
でも旅先の昼飯に天一ラーメンなんて…。
うまか)に惹かれて、うまか丼付きのセットを頼んだ。 
ラーメンは、ある程度慣れた味に注文したから問題なし。しかし丼のマヨネーズが重い。マヨ無しで醤油で食べさせてくれたら、美味しかったのかも。

 高知の宿にチェックイン何時ものバイク旅と同じく徒歩で散策。他の(どう見ても)観光客に声を掛けて、写真を撮ってあげたりした。「ごめん」ゆき路面電車は、電停の前まで急いで撮った。「ごめん」って謝っているように見えるが、自分には「切り捨て御免」にも思えた。 
土産と晩飯を買いに高知駅付近も歩き回ったが、駅前に置いてある、土佐三英傑の像が光に照らされている姿は少し不気味だった。

高知の夜の街も賑やかな街だなぁ。


-----------10月3日-----------

高知ICから大豊IC(高知自動車道)を走る。
大豊ICを下りると早明浦(さめうら)の文字が。あのダムがあるのか。気になるが諦めた。
何せ、今回はバイク旅で初の四国。予定通りに行く。「道の駅 大歩危」に到着。傍の渓谷も水の透明度が良かった。

「鉄道の駅 大歩危」も気になったので行った。大歩危駅は特急列車も止まるのか。
無計画で無人駅の大歩危駅から特急列車に乗ったら、自由席しか乗れないのかなぁ~。



大歩危から国道、井川池田IC-土成ICまで (吉野川SAで祖谷蕎麦を食べる為に寄ったが)、剣山方向の深い雲が気になる。

今回の旅行は四国バイク旅なので、香川県も走らないとな。土成ICを下りて北上。
一応、愛媛・土佐・阿波・讃岐を回る事が出来た。
この旅の目的は、大鳴門橋を見る為。
 
約30年前に自分の親父が関わった仕事の成果の橋だ。
これは渡りたいなぁ。と小学生の頃から思っていた。

バイクに乗ってから、明石海峡大橋を走らないルートを何回考えたか…。
明石海峡大橋は、鉄道が通れる橋ではない。それが四国-淡路-本州の鉄道ルートを終わらせた。大鳴門橋は新幹線規格で作っていたのに!

鳴門公園に到着(っていうか、走行中)。
    
贔屓目が入っているが、やはり大鳴門橋は良いなぁ。
明石海峡大橋は、嫌いだ!工期を急ぐから自動車専用橋に作ってしまった。
本州側で蓋を閉ざされたら、発展は無理でしょう。
 大鳴門橋は「100年は保つ橋」の考えで、作られていたようです。
自然や車重等、色々な事にいじめられるからメンテナンスは必要ですね。大鳴門橋遊歩道「渦の道」の係員さんに聞いたら、やっぱり新幹線規格で作った橋だそうだ。
大鳴門橋架橋記念館と大鳴門橋遊歩道を十分に楽しんだ。
 


鳴門市街を抜け、徳島市街に入る。チェックインまで時間が少しある。
明日のフェリーの乗り場を確認しておこう。

南海フェリーの徳島乗船場に行った。
痛フェリーも見た。
 
乗船の際に要る書類や金額を聞いた。売店では、萌え系好きな友人達向けの土産も発見。
ここの食堂で「徳島ラーメン」を食べたが、塩辛かった。しかし、次に食べるときは卵も頼もう。

宿に向かい、バイクを走らせる。
ナビもあるが、春に来たときのバスルートを憶えていたので、そのルートを走る。
難なく徳島駅前の宿に到着。
バイクの荷物を降ろして、後は徒歩で散策。しかし、バイクの靴は歩きにくい。
今年春に来たルートとは、別ルートで歩く。
 
「アニメの街★徳島」の看板があった。アニメ系の店があったので、萌え系好きな友人達向けの土産を見ようと店に入ったが無かった。

阿波踊り会館やSOGOに寄ってから、徳島駅地下の土産物を見たが痛い土産が1つしかない。諦めた。
地上の別の店で発見したので、そこから一気に発送。
近くに○将があったのを思い出し、餃子とラーメンを食べに行く。
そして宿に戻り、酒を煽って寝る。

 


-----------10月4日-----------

起床後、荷物も出来るだけコンパクトにして積み込んでから朝食。
眉山に登りたかったので、9時にチェックアウト。

眉山に向かった。良い感じのクネクネ道だが、歩行者も多かった。
眉山駐車場に到着。ノンビリ散策してから下りる。
南海フェリー徳島港に行った。対岸には「オーシャン東九フェリー」の船舶が泊まっていた。
何時かは、あのフェリーに乗ってみたいと思う。何時かは、潮岬沖を通るフェリーに乗りたい。
職場の友人に痛土産と別の土産を買ってから乗船した。

一般船室は、五月蠅かったので「グリーン室」で乗船した。
ゆっくり2時間近く寝る事ができた。

フェリーの下船は、バイクが最後だった。下船すると大渋滞。知った場所だから、脱ける場所も判る。抜け道ついでに、行きたい場所があったが今回はパス。

職場の先輩(バイク乗り)が倒れたのを知って4日目。意識は無いかも知れんが、お礼は言いたい。

ルート変更。
一般道から自動車専用道路に変更。
で、職場の先輩(バイク乗り)が入院している病院に、バイク旅装のままで見舞いに行った。

一言、声を掛けて帰った。
しかし、もっと言いたい事があったが、それは仕舞っておこう。


病院からの帰路は、参加させてもらったツーリングや飯を思い出す。ありがたい気分だった。

 


家に帰宅。

旅~過去~現実を回った気分だ。初日から凄く重い気分のバイク旅だった。
しかし、自分は単独バイク旅が好きで楽しい。自分流の楽しみ方で行こう…。





その2日後、その方は亡くなった。仕事の都合で、最後の別れが出来ていない。
空しい気分だ…。

拍手[0回]


2年前ボランティアで行った彼の町が気になったので、行ってみようと思った。

自分か活動した場所を見たり、その地の人の話も聞きたいなぁ。

それよりも、ボランティアで行ってから2年。南相馬の街がどうなっているか気になった。





「相馬野馬追」も見たかったが、日も合わずに2年経った。

会津地方はT Vドラマで行きたく無くなりましたが、浜通り地方は今でも気になります。

昔の唱歌「ふるさと」の歌詞で泣く事の無い復興を期待しながら行きます。

拍手[0回]

8月上旬、家族(犬を除く)旅行に行きました。

自分は勤務明けだったので、京都駅付近の予約してあった老舗の駅弁屋さんで、昼御飯を購入してから、改札口で待ち合わせ。

特急「サンダーバード」に乗車。やっぱり特急「雷鳥」が懐かしいな。

201308nt1.jpg        20130808omoide.jpg


駅弁も老舗だけに、家族に好評でした。
201308nt2.jpg

201308nt2.1.jpg

201308nt2.2.jpg



和倉温泉でレンタカーを借りた。
車体が白なのは萎えるが、国鉄気動車(キハ)好きなら良い番号だ。
「28-58」何故か燃えてくる番号だなぁ。此奴では事故を起こしたくないと思った。
201308nt3.jpg

能登島経由で、輪島に向かった。

穴水~輪島間は道路沿いに鉄道の遺構らしき物も見える。

旧輪島駅に到着。
道の駅に代わっていた。駅ホームの看板が面白かった。
201308nt4.jpg


無事、宿にチェックインして夕食。
201308nt5.jpg


勤務明けで疲れていた。酒を何杯か煽ったら、急に眠くなった。





翌朝はベランダで日の出待ち。
一応、来年の年賀状候補にしておこうか。
2013nt5.jpg


朝食をいただいてからチェックアウト。
輪島と云えば、「朝市」。此は外せない。
2013nt6.jpg    2013nt7.jpg


このあと、穴水駅に行った。輪島←→穴水の記念品が無いかと思って、寄ってみたが無かった。(アニメ風キャラのグッズは有った。)
2013nt8.jpg


家族を和倉温泉駅前で下ろして、返却場所にレンタカーを返す。


バスに乗り、和倉温泉駅へ。
2013nt9.jpg

待ち時間が結構あったが、散歩をして時間を潰してから乗車。

2013nt9b.jpg



復刻版の駅弁をいただいた。此を食べた事はないが、懐かしい気分になった。

2013nta.jpg


京都駅に到着。ここから私鉄に乗り換えて帰った。













自分としては、絶対にバイクで行きたい。
バイクで地域の匂いを感じたい。
自分には、バイクで行きたい場所になってしまいました。


さて、何時行けるのだろうか・・・。










拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[09/11 旋風(ツムジカゼ)]
[08/08  薩摩芋人を改め、旋風]
[08/07 kei]
[05/05  薩摩芋人を改め、旋風]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
旋風(ツムジカゼ)
性別:
男性
職業:
旅人兼運輸系会社員
趣味:
旅行
自己紹介:
今は国内旅行しかしませんが、海外旅行も行ってみたいと思います。
しかし、特亜には絶対に行きたくないですね。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
天気予報
HONDA
フリーエリア
にほんブログ村
日本ブログ村
忍者ブログ [PR]